住まいづくりへの思い

創業者 松下幸之助が抱いた住まいづくりへの思い

創業者、松下幸之助の筆による「良家」

パナホームは1963年、住まいづくりほど大切な仕事はないという創業者 松下幸之助の強い使命感から生まれました。「住まいというものは心身の置きどころであり、また、人格の成長をはかる場所でもあり、人間が生活していくうえで最も大切なもの。それにふさわしい良い家をつくりたい。」という幸之助の言葉のもと、“人間形成の場であり、家族のしあわせを育む場”である住まいの本質を見つめ、50余年変わることのない思いとともに、人々がしあわせにくらせる住まいづくりを追求しています。

(左)創業者、松下幸之助の筆による「良家」。1980(昭和55)年7月9日、滋賀県草津パナタウンを訪れた折、その場でしたためられた。松下の技術を結集して建設された「ソーラーハウス」を視察し、その感激と今後の住宅への強い期待を一筆に込めたものである。

松下幸之助書 住まいは人間形成の道場

緑豊かな山があり、美しく清らかな川が流れ、四季折々にさまざまな表情を見せる日本の景観。住まいもこうした日本の自然風土と調和したものでなければならない。それが住まいのあるべき姿であり、そこに真に豊かな生活が生まれるという創業者の考えが示されている1枚の書には、“日本人のくらしの向上に貢献したい”との思いが込められています。

(右)「日本の家」と記されたこの色紙は、1977年4月、「パナホーム」の名を初めて冠した商品を発売した記念すべきときに、創業者 松下幸之助から贈られたもの。

松下幸之助から贈られた「日本の家」と記された色紙

パナホームのこだわりを詳しくみる

ページ上部へ戻る